取り組み・活動INITIATIVES

環境の変化に的確に対応していくため、ダイバシティーへの取組みや、社員一人ひとりの能力・やりがい向上のため人材の育成に努めるほか、健康で安心・安全に働けるよう健康経営の推進を実施しています。

弊社の取り組み

私たちの制度・取組

健康経営の推進

健康、安全、ワークライフバランス、モチベーション向上、働き方改革などをキーワードにワーキンググループを発足し、さまざまな企画を立案、実施している。

  • 従業員の健康向上を目的として「歩く企画」を実施し、健康診断結果改善に貢献
  • 育児・介護規定ハンドブックを作成し、全従業員に配付
  • 受動喫煙対策として、厚生労働省の示すガイドラインに基づき喫煙室改修を実施
  • 従業員の休憩時間を充実させるため、カフェ風の休憩室と横臥できる畳部屋を設置

準フレックス勤務体制の導入

年間の残業時間が一人あたり12.9時間の削減を達成し、ワークライフバランスの向上の実現

コミュニケーション活動の推進

職場のコミュニケーションを一層深め、風通しがよく、働きやすい職場を作っていけるよう合同納涼会、忘年会、スポーツ観戦、スポーツフェスタ(運動会)等を実施

育児短時間勤務制度の改定

対象期間を中学校就学時までに改定し、働きやすい環境を実現

そのほかの取り組み

働き方改革関連法に基づく有給休暇取得義務化に対応した制度の改定

健康経営3分科会

働き方改革分科会
働き方改革分科会は、ペーパーレス化を目標に、不要紙資料の削減、検針員へのスマホ貸与があったことから、応援時の情報伝達を簡素に行えるよう地図のデータ化を行っている。
健康向上分科会
健康向上分科会では、歩く企画を行い、10カ月でディズニーランドまでの歩行距離を目指している。一日約6,000歩を目指している。
安全意識向上分科会
安全意識向上分科会では、労働災害防止のための意識付けを行った。

社員の声

育児休業を取り仕事に復帰しましたが、上司も同僚も子育て支援として理解があり、声掛けはもとより、いろいろなサポートもしてくれるので、安心して子育てと仕事を両立することができる環境にあります。
また、弊社には子どもが小学校6年生までの短時間勤務や、時間単位による有休取得が可能であり、子どもが病気になったときにとても助かりました。
弊社の業務の中で、コンタクトセンターはお客さまからの電話でのさまざまなお問い合わせや受付に対応するため365日稼働しています。長期休暇が取りにくい職場と言われてきましたが、その思い込みを払拭し、従業員自らが考え方を変え、業務調整の効率化や改善を進め、グループ単位での長期休暇を取得することができるようになりました。

社外からの認定されている評価

次世代育成支援

広島ガスメイト株式会社 行動計画

働きやすい環境を作ることによって、すべての従業員が健康でその能力を十分に発揮でき、仕事と生活の両立を支援するとともに、地域の次世代育成支援対策に貢献するため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間
2019年4月1日~2022年3月31日
2.内容

目標1:多様で柔軟な働き方への環境作りをする

<対策>
2019年4月~
・短時間勤務制度の利用できる子の年齢を、小学校就学前から中学校就学前に延長したことを周知し、利用のための環境作りをより推進する。
・サテライトオフィスやテレワーク等の場所を選ばない働き方に関する検討を行う。

目標2:育児を行いやすい環境作りを推進する

<対策>
2019年4月~
・会社の制度と公的な仕組みなどをまとめた、「ハンドブック」を利用し、育児休暇制度等の周知をする。
・有給休暇の時間単位あるいは半日単位の利用促進による、育児と仕事の両立を推進する。

目標3:総労働時間の抑制に取り組む

<対策>
2019年4月~
・時間外労働の削減、有給休暇の取得促進に向けた取り組みを検討する。
・ワークライフバランスに関する研修を行い、理解・促進に努める。

人材育成

創造性豊かな人材育成

従業員の能力・やりがいを高め、今後の成長を担う人材の育成と働きやすい環境づくりを推進する。

将来を担う人材の育成推進

  • 女性活躍推進に向けた教育の実施
  • 次世代リーダー(若手社員)の育成
  • 業務知識習得の教育の実施
  • お客さま満足度、接点業務向上教育
  • 社外研修、セミナー等への参加

働きやすい職場環境づくりの推進

  • 働き方改革の推進

クレド

広島ガスグループで示された2030年ビジョンの経営目標を達成するため、品質、 スピード、コストを重視する「ベストバランス経営」を掲げ、この方針を全社に浸透、展開していくことを目的として「広島ガスメイト(株)クレド(信条)」を策定しました。